07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

柚子の何でも日記

統合失調症、柚子の闘病日記です。日々の出来事や思ったことなんかを書いています。

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
病気静養をしています。
やれる事からやることやり,日々,色々な事に挑戦しています。
そんな,小さな挑戦や,やれた事柄を載せています。
Blogは不定期の更新ですが,よろしくお願いします♪

page top△

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

なのは観てきました

まず先に言っておきます。
ネタバレ注意!
こんなのです。
なのは
公式HPはここ↓
なのは

で,映画の感想。
アニメの時のが凝縮されていたことと,アニメではなのはに焦点を当てていたので,フェイとの過去が出てこなかったんだけど,映画ではちゃんと出てきてた(´▽`*)
リニスとかアリシアとかね。
あ,アリシアはアニメでもちょっと出るのかな。
そうしないとお話進まない物ね^^;
あとなのはの戦闘服が変わったことかな。
変わったところはそのくらい。
レイジングハート(なのはが持ってるデバイス)がちゃんと魔法の指導をする辺り,TVシーンでは無かったよね。
これはあって正解だよね。
だって,何にも知らない女の子がTVシーンでは一流の魔法師フェイトに勝っちゃうんだからw

で,今回の見所。
とにかくバトルシーン。
バトルシーンが凄く良く出来てましたヽ(´∀`)ノ
二人とも思いっきりぶつかって,なのははわかり合おうとし,フェイトはお母さんのために必死になって戦ってました。
田村ゆかりさんと水樹奈々さん,その他のスタッフの息もばっちり。
最後,なのはが魔法の粒子(今まで戦ってきた魔法の残骸)を集めてスターライトブレーカーを打つんだけど,かっこよかった(´▽`*)
TVシーンでもそうだったけど,プレシア(フェイトのお母さん)がフェイトを叱りつけるシーンは観ていて,痛くて堪らなかったです;
時空管理局のリンディやクロノ君,エイミィはあんまり変わらなかったかな。
リンディの抹茶に砂糖とミルクを入れるのは相変わらずどうかと^^;
抹茶フロートがあるくらいだからいいのかな?w
幼少期のクロノ君はかっこかわいいですね,うん。
結局時の庭園(フェイトたちの住み家)は滅びることとなるんだけども,ピンチの時にフェイトがなのはを救ったシーンは相変わらず最高に・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚イイと思いました。
フェイト最高ヽ(´∀`)ノ みたいなw
プレシアもアリシアも亡くなっちゃって,天涯孤独になってしまったフェイトとアルフ。
さてさて次はどうなるんでしょうか?
内容は知っているのに,2Movieが溜まらなく楽しみです♪

この後,熱出しました。
やっぱり私には2時間の映画は一気観辛いみたいです;
それでも2Movie行くんだろうなぁ~。
自分の身体が嫌になります・・・。
寒いからなのか,風邪が治ってからも起き上がることが中々できません。
布団の中で過ごしていることの方が多いので何にも出来ません。
どうにかしたいです。
だからこんな夜中にブログの更新をしている訳です^^;
あはは・・・;
先生と相談かな;
スポンサーサイト

category: 日々の日記

thread: これが私のお気に入り  janre: 日記

[edit]

page top△

コメント

お休みなさいませ

”なのは”何とか見ることが出来てよかったですね,社保の事務所から帰るときに見に行きましたが,やっぱり終電になってしまいました。

前略

久々に来てみました。
布団のなかでゆっくりお休みになってください。今度,主治医の先生に話してみると良いですよ。少しずつ亀のように歩みはのろいけど,お外の,社会でお金を使う,これは社会に参画している事だと思います。マスコミだけの情報だと馬鹿にされたり,税金泥棒だといわれていますが,最近は相談事務でも情弱な人が多いです。米国では国民の10%の人が生活保護を使っています,日本では0.3%です,世間やマスコミを気にしすぎて使うべき方が権利を使わないというのも情けないと思います。

憲法や行政のセーフティーネットを十分に活用するべきであり,仮にお父さんの扶養であれば,お父さんが税金を納めております(被扶養者の納税),ですから,病気を治し,行政のサービスを活用すべきだと思います。

それから,たまに残念な事がありますが。それは,「日本人が日本人を虐める」という,事態に陥っているからです。私はこの日本人イジメを行う輩に,大学院でも悩まされました。自虐的なのは歴史認識や某教職員組合だけではなく,国民の多くなのかもしれません。遊びにを見に行く暇があるなら働け,と苦言を呑み屋の見ず知らずの親父に呈されました。ご当人は銀行の融資は断られ,アル中状態,そして自分は事業主だと明かしてくれました。よくよく話を聞くと,奥さんに任せきり,社員は会社や国の税金が悪い,と愚痴をこぼしていましたが,納税の前に働くと言うことについて今一度考えるべきなのではないかとおもいます。

確かにドイツでは祝日を数日減らして,勤務日数を増やしたりしました。断っておきますが,サービス残業は人件費を削ることはできても,この10年如何でしたでしょうか?サービス残業による効果がでたのでしょうか?
会社からいつ切られるか判らない,ということでやっていましたが,このようなことをやっているのは,世界ひろしといえども,外資の社長さんからは考えられないそうです。

中の人 #iuCkXYtc | URL | 2010/02/09 03:29 | edit

中の人さん>
ありがとう。
消してしまいましたが,先日生保で映画を観に行くのは甘えるのもいい加減にしなさいと言う内容のコメントを頂きました。
税金で観に行って,熱出して帰ってきて・・・。
貯めたお金でたまに映画を観ることも生保では許されないことなのでしょうか?
私には分かりません。
唯々,寝てれば良いって事なんでしょうか?
たまに外に出る訓練も必要なんじゃないんでしょうか?
結局,ダメだったけどそれを報告することが大事なこと何じゃないんでしょうか?
そうやってやれることから挑戦し,無理だったらまた時間を空けて挑戦する。
その繰り返しだと私は思ってます。
映画だって,またいつか挑戦してみたいと思ってます。
病気に対する甘えなのでしょうか?
私には分かりません。

ゆず #- | URL | 2010/02/09 09:32 | edit

そのときに出来ることやれば良いと思います。

 人間,「こうでありたい,こうしなくてはならない」という方向性を持って,真面目に生きることも重要ですが,同時に,その方向性を一度見直す為に,足を止めてみる。その時間こそが休息の一部だと思います。

 「病気は甘え」と,認識がない私の祖母も,鬱病になってみると「もうなおらないの?,一日中寝てないといけないの?」と涙を流して,おりました。本当に強がっていた人間がこれ程哀れになってしまい,強がっていても結局病気には勝てないのだな,と他人事ではないのだなと再認識しました。

しかし,薬と精神的なカウンセリングと長時間寝ることによって,なおってきました。原因は自らやれることを限界まで挑んで,休息を削ってまで”やれると思い込んで,やってしまったこと”です。

また,和●の会長の本には1日4時間の睡眠で,寝てしまったら自分に罰則を加えるという勢いで,書かれてあり,意志が弱ければ
「ブログに宣言をしよう」とまで書かれています。
知り合いの産業医の人が呆れていました。
これでは,旧国鉄の懲罰制度そのものです。
逆に,人間には体内時計があるといわれており,8時間以上は寝た方が良いと産業医からいわれました。勉強も夜遅くではなく,早寝早起きが効率がよかったと存じて降ります。それも8時間くらいです。

過去に人格障害のかたで「意志が弱いんだ」
と,論争になったことがありました。私は,
「病気を抱え,仕事をするにしても,自分に回ってくるだけです。エネルギー保存則のように,エネルギーがますが,その分,別のエネルギーが消耗されている。このような状態に気がつかなくてはならないのではないか?」と語りかけてみました,この方は病気でも税金や学費は自分で納め無ければならない。と強く主張していました。奨学金で学校に行き,勉強に専念をして後からお金を返していく制度も否定していました。「バイトしながら学校に行くべきだ!」これについては,賛否両論ありますが,バイトと学業を天秤にかけてみると,当然「学業」が大切なのないか,と思います。
学校を休んでバイトにいそしみ,ノートを見せてくれ,というのは,他者に取っては迷惑な話になってしまうと言うことに気づかない人もいました。上手く平衡が(バランスが)とれていればよいのですが,バイトをしていない人でも,平衡をとるのは難しいものです。逆に言うと「社会人,社会人」という方は,私が思うに学校で勉強するという事が,学費のみで成り立っていると勘違いをなされていると思うのです。だから,「生産性のある俺たち労働者が偉いんだ」と,しかし,こういった方で個人事業主の皆さんは,税務書類等,申告書を自ら書こうとしない,「金銭をしはらっているからいいんだ,何が悪い」と,大学を出た社労士や公認会計士に金をはらっています。つまり,学校というところは多くの定期試験や実験を通して勉強しなければならない,そのノウハウに頼っているのは誰なんだ?と思うことがあります。

「学力,病気の治癒は,労働で得られる対価だけでは解決できない」のだとおもいます。

やれると思った事を自らプランを立て(仮説),それを失敗覚悟で行い(実証),それを成功又は失敗を問わず
(検証)する。いわゆる"論理的思考"というものです。
このように,前に進んでいくしかないのだと思います。

長文で失礼致しましたが,とにかく睡眠をとり,出来ること思った事でも,紙にでも書き,時間数等で耐えられるか等を考えてみれば良いのだと思います。もちろん,「用事は1日何件」という形で,自らに制限をかけることです。(認知療法)
しかし,休息で貯めた力を自らの褒美に使う,というのも大切なのです。(達成感を得る)

ご回答になっているかどうかわかりませんが,手前はこのようにして,実際に祖母と一緒に取り組み,ほぼ8割以上回復しました。

以上
お返事させて頂きました。御自愛と論理的思考による療法によって,試して下さい。では。

中の人 #iuCkXYtc | URL | 2010/02/09 17:24 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuzumikannsnow.blog70.fc2.com/tb.php/147-5fd283a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。