10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

柚子の何でも日記

統合失調症、柚子の闘病日記です。日々の出来事や思ったことなんかを書いています。

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
病気静養をしています。
やれる事からやることやり,日々,色々な事に挑戦しています。
そんな,小さな挑戦や,やれた事柄を載せています。
Blogは不定期の更新ですが,よろしくお願いします♪

page top△

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

障害者として・・・。

http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20080824ddlk43040245000c.html

熊本のあるニュース。
彼氏がものすごーく怒っているニュースです。
確かに知的障害の人もその周りも理解してもらえず、苦しんでると思います。
でも、
精神障害はそれ以上に理解してもらえずに、苦しんでいます。
周りにすら理解してもらえず、自殺した人が何人いるんでしょう?
親族にすら理解してもらえない苦しさ。
まさに私は精神障害になり、親に捨てられました。
親は理解しようともしてくれません。
おそらく、どう接したらいいのか解らないんでしょう・・・。

どうしたら「きちんと」障害者を認めてくれる国になるのか。
遠い未来な気がします。
スポンサーサイト

category: 思ったこと

[edit]

page top△

コメント

長文失礼

>◆まだまだ厳しいです。先日、羽田空港から飛行機に乗った時、娘がシートベルトを付けるのを嫌がりました。私が上から抑えていたので問題はないと思うのですが、しっかり締めずに声を出していたこともあってか「シートベルトをしていない人を乗せることはできない」と、降ろされました。別の便に乗って帰りました。



この部分だと思うけど、客室乗務員か誰かはわからないが、安全面を考慮した上での注意であるのだから「シートベルトをしていない人を乗せることはできない」と言うのも、つらいものがあるんじゃないか?
暴れて嫌がる人や付き添いに注意するのって心が痛むよ。だけど仕事柄、当人や周りのお客の安全を守るために言ったのであって、嫌がらせ目的では言ったとは到底思えない。もし途中で暴れて周りの人に危害を加えたり運行に支障が出た場合、この人に責任が降りかかってくるかもしれないよ?そういうことが無いようにあえて乗せないと判断したんだと思う。これが正しい判断かどうかはわからないが・・・・。多分この人、締めなかったことが原因で娘さんも当人もケガした場合でも文句言うだろうね。

ルールはすべての人が守るものであって特定の人だけが・・・ここでは障害者に限定してみるが、優遇されるのは障害者にとってのバリアフリーにはならないよ。守るべきものは守ってこそ自立できるきっかけになるのでは?憶測だけど、ちゃんとシートベルト締めていれば降ろされることは無いと思うし、この記事からは読み取れないけど、ちゃんと「障害者なのですが」と申告すれば締めなくても問題なしという判断されるかも知れないね。申告していて降ろされるなら改善しなきゃいけない。



だけどこの記事かなり歪んでいて、「原因」と「結果」だけ書かれていて「過程」が書いてないから、読んでいるとあたかも「勝手に降ろされた。だから納得いかない」って読めるから彼氏さんが怒るのも無理ないね。

冬の人 #Rp4wk6Ag | URL | 2008/08/31 01:37 | edit

おばさんには残念ですが座席は最大荷重9Gに耐えられるように運航をしないといけないといけません(国土交通省航空局耐空審査要領より)。

私は説明責任よりも、本人の安全性を考えると手で押さえるだけでは本人の体重が60kgだとしたら
540kgになり手ではむりです。

それから、あらかじめ航空会社に申請すれば横にさせてくれますが、私は介助者の所長は失格だと思います。陸路であり鉄道であり空路であり、トラフィックのセレクトではなく、まず本人を航空機から降ろして落ち着かせないといけないはずです。航空機が遅れて損害が出てしまいます。
ここで「差別」だというのは30年も娘さんの介助をやっていて何を学んでいたのか?こうゆう人に施設の免許を与える県も甘すぎます。

実際に私は介助者として統合失調症の友人を航空機の運航に差し支えないと医師の診断書と保証人として署名しました。航空会社に無理は承知かもしれないでも彼を長崎に送らないといけません、幸い気分について質問をして、本人に自信がある!と彼を信じて腹を切るくらいの覚悟を決めました。航空会社の人が「もう大丈夫だよ」と何度も搭乗カウンターで何度もなぐさめてくださいました。空港のガラスに張り付いて航空管制をききながら異常がないか冷や汗でした。
無事につきましたが実に辛いものです。
後で電話で本人が機内で寝ていたので力がぬけて助かりました。

とにかく冷静かつ病識と迅速な対応ができなければ介助者には向かないと思います。地味な仕事です。介助者は病人に一番近い人なのです。

騒がしいのはNPOや行政です。重箱の隅をつついて文句だけは達者です。こんな連中の差別意識が駄目にしてきたのではないでしょうか?

なごみ #- | URL | 2008/09/06 01:39 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuzumikannsnow.blog70.fc2.com/tb.php/37-0338ffe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。